HOME > にっぽんのアロマテラピー
日記
     
 


ハンドボンディングケア/札幌・東京・京都・金沢・福岡
椿油が出来るまで。高田製油所訪問日記。
  木田順子blog
〜アロマティックスローライフ〜
リンク
にっぽんの植物

  ー 和精油と日本の植物油講座 ー

ベーシッククラス/アドバンスドクラス

*和精油講座 講師認定制度の詳細は講座のご案内下部ページをご参照下さい

 アロマテラピーも身土不二

奇跡の島と呼ばれるこの日本列島の気候風土の中で育まれ、生き抜いてきた日本の植物
そしてその気候風土の中で淘汰され、育まれてきた私たち日本人の身体と感覚に、日本の香り・和精油、そして日本の植物油脂は見事に寄り添ってくれます

香りを嗅ぐと、無条件でほっとする、懐かしさがあふれてくる
日本人のDNAに埋め込まれた和の香りは、年代や男女を問わず、抵抗感を与えません
とくに病気療養中の方やご高齢の方に受け入れられるのも特徴的です


また日本には古来、親しまれ使われてきたツバキ油やモクロウという植物油脂があります
知らないではもったいない、すぐれた魅力を取りあげます

____________

ベーシッククラス

和精油は使いやすくて役立つ基本10種類を厳選
すぐに、きちんと使える和精油と日本の植物油脂を学びます

<対象の和精油>

トドマツ、ハッカ、青森ヒバ、クロモジ、ヒノキ、スギ、コウヤマキ、ユズ、クスノキ、ゲットウ

産地の異なるクロモジ精油(青森 新潟 鳥取)や海外で育った日本のスギ精油もご紹介します
植物油では玉締め圧搾椿油のほか日本の植物油脂モクロウをご紹介します

*教材:和精油ブランド「wacca」ほか複数のブランドの精油
高田製油所製玉締め圧搾椿油
玉締め圧搾モクロウ

●講習内容
 ・日本列島とその気候、日本人の肌について
 ・各精油の背景 原料植物の歴史と環境について
 ・各精油の特徴 主要および特徴成分の作用 精油の作用
  注意事項について

 ・椿油とモクロウの基礎知識 歴史、材料、製法について
 ・椿油とモクロウの特徴 成分の働き 健康や美容への利用例

 ・実習 トリートメントオイルとスキンケアウォーターの作製

【重要なお知らせ】
<2月期より講習時間数と受講料が変わります>
「ベーシッククラス」は2021年2月〜時間数を増やして全3回に変更になります。より充実した内容で皆さまをお迎えします。
*精油と植物油脂の種類は同じです
___________

●日程 オンラインクラス
2月期日曜クラス 2月14日、21日、28日10.00-13.00*3回目のみ10.00-12.30(全3回)受付中

2月期月曜クラス 2月15日、22日、3月1日 *3回目のみ10.00-12.30(全3回)受付中
講習時間:合計8.5時間 50分ごとに休憩をいれます
*1名〜2名で開講の場合、最終日の講習時間は少し短くなります
●受講料 ¥25,000(教材費 税込)

*振替え制度:1年間有効(1月期→翌年1月期まで有効)/同時期の両クラス間での振替えも可能です

●開講日までのスケジュール
・1週間前:お申込・お振込締切り
・5日前 :教材発送 
・1日前 :zoom URLとパスワードの通知
*お申込時に教材発送先のご住所を必ずご入力下さい
*教材発送後のキャンセルはできません。振替え制度をご利用ください

●発送教材
・テキスト
・香りサンプル14種類ガラスビン入り 各2滴約0.06~0.1ml
 10種類の和精油と比較のための精油(日本各地3か所のクロモジ精油 海外のスギの葉精油 ホウショウ精油)
・玉締め圧搾椿油 5 ml
・グリセリン 5ml
・60mlワンタッチボトル 1本
・10ml遮光ビン

●持ち物 お送りする教材、筆記用具、『あたらしいアロマテラピー事典』(高橋書店)ほか 詳細は都度お知らせします

●最小催行人数 1名

■お申込み 「お問い合わせ」ページの「にっぽんのアロマテラピー/和精油講座」にチェック。
記入欄にご希望の月と曜日をご入力下さい。
*3日以内に返信させていただきます。返信が迷惑メールフォルダに入ったり、フィルターにかかって届かないことがあります。ご留意下さい。

__________

アドバンスドクラス
*対象:和精油の知識をお持ちの方

日本の多様な柑橘系精油とそのほかの魅力的な和精油や植物油を取りあげます。また、わかりにくいと言われる和精油のブレンドテクニックについてもお伝えします。

<対象の和精油と植物油>
精油:イヨカン、青ミカン、タチバナ、サンショウ、ニオイコブシ、ショウガ
植物油 ゴマ油 コメヌカ油

●講習内容
・各精油の背景 原料植物の歴史と環境について
・各精油の特徴 主要および特徴成分の作用 精油の作用 注意事項について
・ブレンドテクニックについて
・ゴマ油とコメヌカ油の基礎知識 歴史、材料、製法について
・ゴマ油とコメヌカ油の特徴 成分の働き 健康や美容への利用例
・実習 モクロウクリーム(約10ml)

●日時
【オンラインクラス】お申込・お振込締切り:開講日の1週間前
1月期
月曜クラス 1月18日 10.00-13.00(全1回)終了しました
土曜クラス 1月30日 10.00-13.00(全1回)受付中
*土曜クラス1/23→1/30に日程が変わりました

・講習時間:3時間 50分ごとに休憩をいれます
*振替え制度:1年間有効/同時期の両クラス間での振替えも可能です
*1名〜2名で開講の場合の講習時間は少し短くなります

●受講料 ¥11,000(教材費 税込)

●開講日までのスケジュール
・1週間前:お申込・お振込締切り
・5日前 :教材発送 
・1日前 :zoom URLとパスワードの通知
*お申込時に教材発送先のご住所を必ずご入力下さい
*教材発送後のキャンセルはできません。振替え制度をご利用ください

●発送教材
・テキスト
・香りサンプル6種類ガラスビン入り 各2滴約0.06~0.1ml
・玉締め圧搾椿油 5 ml
・モクロウ 2g
・軟膏容器 1個

●持ち物 お送りする教材、筆記用具、『あたらしいアロマテラピー事典』(高橋書店)ほか 詳細はメールでお知らせします

●最小催行人数 1名

■お申込み 「お問い合わせ」ページの「にっぽんのアロマテラピー/和精油講座」にチェック。
記入欄に1月期アドバンスクラス◯曜クラスとご入力下さい。
*3日以内に返信させていただきます。返信が迷惑メールフォルダに入ったり、フィルターにかかって届かないことがあります。ご留意下さい。


*札幌, 東京, 京都  オフライン・対面でのクラスは当面の間、見合わせます
●会場
東京:飯田橋会議室ほか(詳細はご予約完了時にご案内します)
京都:京都YWCAほか
●最小催行人数
東京:4名 京都:1名
*1名〜2名で開講の場合の講習時間は少し短くなります

_____
 

*健康のこと研究所 midi 和精油講座 講師認定制度

アロマテラピーも身土不二。この土地の空気、水、土などの気候風土の中で培われてきた心と身体のために、この土地で生き抜いてきた植物を使う。
和精油の特性を理解し、他者に和精油を使ったアロマテラピーを提供できる知識と技能を有することを認定する制度です。

申請条件
1.「和精油と日本の植物油講座ベーシッククラス」を受講済みであること
2.下記いずれかの資格を有すること。もしくは同等の資格を有すること
  AEAJ認定アロマセラピスト
  ナード・アロマテラピー協会認定アロマ・インストラクター,
  アロマ・セラピスト,アロマ・トレーナー,
  アロマセラピスト・トレーナー
  英国IFA認定アロマセラピスト
  IFPA認定アロマセラピスト

 そのほかのアロマテラピー関連資格をお持ちの方はお問合せください(人体や食、運動、睡眠など解剖生理学と保健学についての基礎的な知識と、精油の扱い方、成分について化学的な基礎知識を持ち合わせていること)
条件を満たさない場合もアドバンスドクラスを受講し、試験に合格することで申請資格を得ることができます

3.審査に通過すること

審査
課題:和精油についてのレポートとブレンドオイル1種を提出
 レポートとブレンドオイルについての詳細はクラスの際にご案内します
*提出期限:受講・再受講から1年以内

申請
・申請書提出
・課題提出(レポートとブレンドオイル)
・アロマテラピー資格の会員カードのコピー提出
・審査料の振込み(¥3,300 税込)

認定
・必要書類と課題の到着後、合格者には1ヶ月以内に認定書を送付します
 合格ラインに達しない場合、メールにて連絡をいたします
 合格、不合格に関わらず、提出物の返還、審査料の返金はありません

 

<「和精油と日本の植物油脂講座 ベーシッククラス/オーダーメイドレッスン・対面クラス「ご一緒受講」受付中>
2/18(木)、3/4(木)10.00-13.00 満席 キャンセル待ち受付中
全2回講習時間6時間の旧内容で行ないます。精油と植物油脂の種類や実習内容は同じです。講習費¥20,000 会場:京都YWCA
■お申込み 「お問い合わせ」ページまで。記入欄に1/14,21とご入力下さい      
______________________________        

日本の伝統油 椿油講座 *和精油講座に統合しました
                     

 日本において古来、親しまれ使われてきた油、ツバキ油。
 ツバキ油の材料であるヤブツバキは日本原産の植物です。

 その使い方として知られているのは髪の手入れが一般的ですが、実は食用に、
 そして灯用や木製品の手入れなど、さまざまな場面で利用されてきた油です。
芦屋:midi 近年、また密かなブームとなり話題に上ることも多くなりました。

 この講座では、椿油の利用をさまざまな面からみていきます。
 私たちの身近にずっとあったもの。そしてこれからもあり続けて欲しいツバキ油を
 ゆっくりと、じっくりと見直す講座です。

 midiではクラスでもサロンでも、伊豆大島・高田製油所さんの玉締め圧搾による
 椿油を使っています。

 さらに、最近はツバキサポニンによる皮膚への作用、葉や花の成分についても研究が
進められています。
 油だけではない、いま注目の日本の植物です。

______________________________



 

 

 

 
ページのTOPに戻るお問い合わせ
tel/fax 075-212-5040  e-mail info@kenkounokoto-midi.jp
(C) Copyright 2018 健康のこと研究所 midi All rights reserved.